前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 次へ
 ``゛時間通貨・ありがとう゛の勉強会開催
さわやか福祉財団理事長・堀田力氏の本★「挑戦」★と「さぁ言おう」の本をご紹介致しました。

2008.10.15・・・・・魔法の言葉〜ありがとう〜を添えて!

 時間通貨・ありがとう゛の勉強会開催
その後、松田(ケアマネージャー管理者)から、介護についての講義とインフォーマルケアについて、尊厳についてなどの話がありました。たくさんのご参加ありがとうございました。毎月15日が開催日です。どなたでも自由参加で無料です。自分の幸せづくりの為にもぜひご参加をお待ちしています。
〜来年は(今年は、休校しましたが)ホームヘルパー研修〜も開催致します。お申し込みお待ちしていま〜す!

            2008.10.15・・・・・魔法の言葉〜ありがとう〜を添えて!

 徳島看護大学・多田教授・徳島新聞で大きく掲載
フィリッピン看護教育(上)で、素晴らしい記事が掲載されていますのでご紹介します。
将来における日本の看護教育についても大いに参考になると思います。多田教授から、フィリッピンの看護教育の在り方について述べられていて、私達の国の受け入れもこうして理解が進むと思います。とてもステキな文面です。ぜひ、2008.10.13朝刊をご覧下さい。         
(お写真は、公衆衛生情報掲載をhttp://naomix55.exblog.jp/に載せて頂き、そこより頂きました。何時もありがとう!)
 
         2008.10.12・・・・・魔法の言葉〜ありがとう〜を添えて!

 徳島看護大学多田教授と博士全期課程1年の多田美由貴さまが来所されました。
★「総合ケアにおける地域在宅高齢者と子どもとのサポート授受とそれが及ぼす影響に関する研究」についての実践現場活用のご依頼でした。多田教授は、皆さまご存じのように、とっても人格者で有名で優しい女性教授す。博士院生の多田さまは、すらりとした驚くような美人です。
゛さわやか徳島の訪問看護ステーション゛に、毎年、徳島大学4年生数名が実習に来ています。今年は、3年生の実習も増えますが、皆さま、若くて優秀で、訪問看護対象の方は大喜びです。゛子ども達の力は、とっても大きい゛ことを、さらに深く学んで頂けると思います。
素晴らしい視点に目を付けられた多田さん。情熱・愛・勇気で頑張って下さい。

       2008.10.12・・・・・魔法の言葉〜ありがとう〜を添えて!

 ライフ社さまから「公衆衛生雑誌」が届きました。
★ひかるヒューマンネットと題して、1p〜4pまで、さわやか徳島の活動を大きく取り上げて頂きました。その中でも、一番嬉しかったことは、さわやか福祉財団が全国に推進している「居場所と時間通貨」を掲載して下さったことです。「時間通貨」は、「みんなで助けあいをしましょう!」と呼びかけるステキなツールの一つです。ぜひ、全国的に広がって、みんなで支え合う成熟した福祉社会が訪れることを願っています。記者は林理恵さまと撮影は川島俊昭さまです。2人の優しいお人柄はごく自然の中で取材をして頂きました。
そして、゛こんな詩も゛ご紹介致します。・・・(写真は、自宅解放していた時の活動拠点です。)
  ゙わたしと小鳥と鈴と゛
  わたしが両手を広げても お空はちっとも飛べないが
  飛べる小鳥はわたしのように 地べたを早くは走れない
  わたしが体をゆすっても きれいな音は出ないけれど
  あの鳴る鈴はわたしのように たくさんな歌は知らないよ
  鈴と小鳥と それからわたし みんな違って みんないい      金子みすず詩集より

2008.10.9・・・・・魔法の言葉〜ありがとう〜を添えて!皆さま本当にありがとう!

 鳴門警察と徳島県保健所・南海病院の優しい早い対応に感動と感謝!
★WHO(世界保健機構)では、心の病気は、治る病と銘記されています。それには、早期発見、早期治療を必要とします。特に、家族は、発見しにくく、周囲の方達の理解や本人の自覚が無いことも治療を遅らす原因となり、心の傷がより深くなることもあります。本日、訪問させて頂いた方も、幻聴(聞こえない声が聴こえたり)や被害妄想(辛いありもしないことを思いこむ)があり、恐怖でとても辛い思いをされていました。子ども達にも暴力があり一時も早く治療が必要で、家族力では、とても対応でない状態でした。本人にお会いした後、鳴門警察に相談に参りますと、生活相談課があり、市民や家族の立場に立った優しい対応に、ご家族も私達NPOもとても感謝致しました。また、徳島保健所にも連絡すると、すぐ病院連絡をして下さり、また、病院での尊厳を守ったケアの対応に心打たれ安堵して帰りました。私達市民は、愛する徳島の地でこんなに守られている!と。つくづく感謝した一日でした。
(写真は、http://naomix55.exblog.jp/米津さまのブログからステキだったのでお借りしました)

2008.10.6・・・・・魔法の言葉〜ありがとう〜を添えて!皆さま本当にありがとう!お母さまも子ども達も守られました。・・・・・・・・・・

 ステキな詩と感動した昼食のご報告
★ひらく
花ひらく ・ 運ひらく ・ 道ひらく ・ 目ひらく ・ 心ひらく ・ すべて開くことが大事だ
大道は無門 閉ざしてはならぬ 坂村真民 の 詩より

★写真は、ボランティア活動の子供達。何時も何時もありがとう。

       2008.10.2・・・・・魔法の言葉〜ありがとう〜を添えて!・・・・・・・・・・

 インドヘナの会を開催〜あなたも髪美人〜
★定例の30日ヘナの会を開催しました。
今回の新しいヘナの会の参加者は、理髪業の先生でした。ボランティア活動をご希望されていて、お話が弾みました。今日の写真は、ヘナの会の隣のテーブルで、子ども達のボランティアさんが、高齢の方へのプレゼントに、サイコロづくりをしています。学校の帰りだったので、お母さまが心配されて迎えにいらっしゃいました。日の暮れるのが早くなり、これから、私達も気をつけなければと反省しています。ご心配をおかけしてすみません。子ども達のボランティア活動で遅くなるときは、連絡してお送りすることに致します。よろしくお願い致します。
(うしろは、サンタ美容師の先生)
       
          2008.9.30・・・・・魔法の言葉〜ありがとう〜を添えて!・・・・・・・・・・

 (財)さわやか福祉財団から訪問がありました。
★皆さま、ご存知のさわやか福祉財団は、゛新しいふれあい社会の創造゛の理念をもとに全国に優しさのネットワークを張り巡らせています。お忙しい中、阿部さま、鈴木さまの2人が、お立ちより下さいました。とってもステキなお2人です。さわやか徳島も、居場所や時間通貨を、優しい、そして、安心できる町づくりのもと尊厳へのケアの理念をかかげ活動を展開しています。阿南市の常見インストラクターも、子ども達の支援に頑張っています。今日は、お2人は、その活動支援に徳島入りされました。(財)さわやか福祉財団から、会員募集しています。会員には゛さぁ言おう゛のステキな冊子が毎月送られてきます。希望者は、リンクのホームページかこのホームページのメールまで、ご連絡下さい。
    
       2008.9.29 ・・・・・・・・・・ 魔法の言葉〜ありがとう〜を添えて・・・・・・・・・・・・・

 この詩は、無名の方が黒板にかかれたものです が、世界的に有名です。
★大きなことを成し遂げるために、力を与えてほしいと神様に求めたのに謙虚を学ぶようにと弱さを授かった
・偉大なことができるように、健康を求めたのに、よりよきことをするようにと病気を賜った
・幸せになろうとして、富を求めたのに、賢明であるようにと 貧困を授かった
・世の人々の賞賛を得ようとして、成功を求めたのに、得意にならないようにと失敗を授かった
・求めたものは一つとして与えられなかったが、願いはすべて聞きとどけられた
・神の意に添わぬ者であるにもかかわらず、心の中の言い表せない祈りは、すべて叶えられた
・私は最も豊かに祝福されたのだ
(写真・ステキな96歳です。幸せの家・ありがとう・写真は、拡大して見て下さい。)


         2008.9.28 ・・・・・・・・・・ 魔法の言葉〜ありがとう〜を添えて・・・・・・・・・・・・・

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 次へ