前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 次へ
 ゛心で寄り添うこと゛・若かれし頃の息子さまと過ごされて・・・・。
★95歳で、寝たきりになられてからも身近なことは、きちんと自己決定をされる中、優しい息子さまご夫妻に最期まで看取られながらの静かな永眠でした。
 永眠された前夜、少し苦しそうな息使いに「どこか苦しいですか?」とお尋ねすると「今、息子が学校から帰つたはずだが、どこに遊びに行ったかさがしている。」とのお話でした。
 呼吸も安定し、その生き生きした表情に安堵してながら「私が、すぐおさがしします。」とお答えすると「見つかった。今ここに居る」と両手で抱っこするようなしぐさで話しかけています。
 そのご様子は、息子さまが、本当に傍でいらしゃるみたいで、うれしそうな表情に、子育て中の40歳ぐらいの思い出でしょうか?
 終末に、母親の胸の中で゛心に寄り添うこと゛のできる息子さまって、とってもステキです。
 また、この方の人生は、きっと素晴らしかったと心しました。
 短い間のふれあいでしたが、ステキなプレゼントを私達にたくさん残し゛さよなら゛をされました。それは、とっても静かな旅だちでした。
 お送りした時の凛としたそのお顔は、とっても美しく`寄り添うこと`の大切さと尊厳への意味をたくさん教えて頂きました。

2008.11.11 ・・・・・・・・・・ 魔法の言葉〜ありがとう〜を添えて・・・・・・・・・・・・・

 今日は、穴吹カレッジの講義がありました。皆さまにこんな詩をプレゼント!致します。
★穴吹カレッジは、とっても近代的な学校で近畿大学とドッキングしていて卒業時にはいろんな資格が取れてステキな学生が受講しています。ここ数年、週/1回、月曜日に講義に行っています。担当は、゛公衆衛生学゛と゛精神保健学゛の2教科です。講義は「共に学び、共に夢を語る」と言ったところで、自己勉強の為にも感謝しています。
★今日の授業での話は、アラバマ州の教育者サミュエル・ウルマンの詩「青春」(公衆衛生情報9月号掲載から引用しました。)
  
   ★「青春」
  「人は、信念と供に若く  疑惑と供に老ゆる  
 人は自信と供に若く   恐怖と供に老いる  
  希望ある限り若く    失望と供に老い朽ちる」
  
   ★次ぎの詩は、マッカーサーの執務室に残された詩です。
   「青春とは人生のある時期でなく、心の持ち方をいう。
    人はただ年を重ねるだけで老いて行くのではない。
    人は理想を捨てたとき老いるのだ」・・・・・・・・・・・・2つの詩のご紹介です。

2008.11.10 ・・・・・・・・・・ 魔法の言葉〜ありがとう〜を添え・・・・・・・・・・・・・

 雑誌「あわわ」050編集部・金村隆一さまが、活動取材に!
徳島の皆さまから愛されている雑誌「あわわ」の金村さまと県プラザの方がご一緒に、活動取材にきて下さり、楽しい時間を共有致しました。
地域の居場所での「時間通貨・ありがとう」の活動やさわやか徳島の今後の活動展望も熱心に傾聴して下さり、うれしくってついついお喋りが過ぎました。〜すみません〜
「笑顔をつないで」〜徳島のNPOをめぐる〜のページに掲載して下さるとのことで、前回は、県プラザのステキなスタッフの優しい笑顔とメッセージ。環境NPOの方達の活動の掲載がありうれしく拝見致しました。さわやか徳島もよろしくお願い致します。


2008.11.6 ・・・・・・・・・・ 魔法の言葉〜ありがとう〜を添え・・・・・・・・・・・・・


 ゛ステキ゛な出会いをありがとう〜
★95歳のとてもステキなおしゃれな紳士が、終末の1ケ月半程゛幸せの家・ありがとう゛で、過ごされました。そして、文化の日の午後。それは、とても静な永眠でした。
永眠される1時間ほど前、「奥様のことを心配していたけれど今は、安心している。」「家族にとても感謝している」などと、静かな口調でお話があり衰弱されていたものの「今日は、朝からとってもお元気ですね」なんて、会話を交わしていたやさきのことでした。
元医師とのこともあり、最期まで、私達にいろんなことを教えて下さり、とっても優しい紳士でした。昨夜、そっとお部屋に訪問させて頂いたとき゛ああ、驚いた゛と、笑っていられましたが、今も目を閉じれば、その時の優しいお顔が目に浮かびます。
とっても短い期間でしたが、高齢で生きることが、こんなに美しい姿であることや人との絆の不思議さを私達にたくさん教えて頂きました。本当に〜ありがとう〜
★ 老いること       坂村真民 の 詩
老いることが  こんなに美しいとは知らなかった  老いることは   鳥のように
天に近くなることを  花のように   地に近くなることを    しだれ柳のように
自然に頭の下がることを   老いることが     こんなに楽しいとは知らなかった
                    

       2008.11.2 ・・・・・・・・・・ 魔法の言葉〜ありがとう〜を添え・・・・・・・・・・・・・

 〜インドヘナの会を開催〜あなたも髪美人〜
★皆さま、つやつや髪になりうれしい限りです。今日もたくさん集まられ゛サンタ美容師゛もお忙しそうでした。この゛インドヘナの会゛は、゙NPO・ファミリーサポート・ありがとう゛のボランティアの会が支えています。きれいになって、その集まりの中で、もし、困ったときは、助けあいしましょう。と、ステキな活動を目的にしています。一部の方は、配食サービスをしていて、一日、30食程度の愛情料理を作っています。一部の方は、老後の安心の為、仲間に入っています。とっても美しくなられ喜ばれています。皆さま、気軽にご参加を。(写真は、http://naomix55.exblog.jp/、ブログより頂きました。何時もありがとう!)


       2008.10.30 ・・・・・・・・・・ 魔法の言葉〜ありがとう〜を添え・・・・・・・・・・・・・

 徳島看護大学3年生2名が、さわやか徳島訪問看護実習に。
★可愛い女子大生が実習にこられ高齢の方々も大喜びです。2週間の実習期間ですが、今年から、4年生が実習を終えると、すぐ、3年生が在宅を。これから、医療も福祉も在宅ケアが中心となりますが、こんな優しい優秀な方達が、私達の老後も支えて下さると思うと、つい力が入り2人共緊張気味、どうか、のびのび実習を!そして、インフォーマルケアの大切さも学んで頂きたいと思います。(写真は、幸せの家に咲いているチロリン?です。)

                2008.10.28・・・・・魔法の言葉〜ありがとう〜を添えて!

 1級ヘルパー訪問看護実技研修を6名お受けしました。
★ハローワーク事業での、研修をお受けしています。が、皆さま、生き生きされ福祉分野での活動に、希望で胸を膨らませています。今、介護者不足が問われている時代でが、対象者の尊厳を守ることで、私達現場で活動する介護者側は幸せになり、そのことで、研修の方の夢も実現されると思います。活動実践には、高い理念をもつことが大切になろうかと思います。良き仲間の研修に、お互いに、幸せづくりに頑張りましょう!
★幸せの家は、その方の゛普通の暮らし゛を、支えています。排泄の時は、排泄介助を。入浴も毎日などなど、難しい介護や看護でなく、人として゛普通の暮らし゛です。★昨日の実習の方が゛目からうろこ゛です。良い勉強になりました。と、お話がありました。が、施設も在宅も、普通の暮らしをすること。て、とても大切と思います。
 
         2008.10.27・・・・・魔法の言葉〜ありがとう〜を添えて!

 子どもの力は、大きい!
★今日は、男の子のボランティアさんがいっぱい。居場所でのボランティア活動は、自由で、今日は、花の水やりと犬の散歩を!幸せの家を守っている゛桜ちゃん゛(犬)も、とてもうれしそう。

     2008.10.24・・・・・魔法の言葉〜ありがとう〜を添えて!

 子どもの力は、大きい!
昨年らいと1年ぶりに居場所に立ち寄った5年生の゛時間通貨・ボランティアさん゛2名。゛久しぶりです。゛とご挨拶。学校での暮らしを皆さまにお話下さいました。
可愛さをいっぱい残した青年達に、新しい力をもらった新鮮な一日でした。
終末期で、少し気力が少なくなりかけたMさん、寂しいと居場所にいらしたNさん。皆さまに優しい笑顔が広がりました。ただ、君達が、傍でいるだけで私達に゛幸せの時間をプレゼント゛できるから不思議です。子ども達の力は、素晴らしいと思います。

                  2008.10.24・・・・・魔法の言葉〜ありがとう〜を添えて!

 地域の居場所で、゛幸せの家・ありがとう゛で、10月生まれ、お誕生会開催
今月は、2名の方がお誕生日を迎えられました。
離れて住まいする子供さん達に見てもらいたいと、ホームページ掲載を希望されました。
とってもステキなご夫婦です。夫婦で、支え合いながら暮らすこと。その姿は、また、とても美しいと感動です。居場所の日々の活動は、゛人生ほど、不思議ものは無い゛と考えたり゛人との出会いほど素晴らしいものは無い゛と感動したりの毎日です。

             2008.10.22・・・・・魔法の言葉〜ありがとう〜を添えて!

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 次へ