前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 次へ
 ★藍住西幼稚園ウサギ組の皆さん、そして、先生゛ありがとう!゛
★4歳児の子ども達が、先生のピアノや歌に合わせて踊ったり歌ったり。一時間程でしたが、子ども達の可愛い様子に、地域の居場所゛幸せの家・ありがとう゛は、とても活気にあふれました。
私達高齢者は、とっても幸せになり、子ども達の「力」は、大きいと感動!
全員がにこにこ顔になるから不思議です。子ども達は、魔法の力を持っています。

 〜未来を創る子ども達に学ぼう!そして、子ども達の力をのばそう!
                     新しい豊かな社会を創るために!〜

    2010・2.24・・・・・魔法の言葉〜ありがとう〜を添えて・・・・

 ★徳島県労働者福祉協議会より、3名来所されました。
★地域創造ネットワークジャパンの主催でフォーラムがあり、NPOとのネットワークづくりに来所下さいました。
 地域の居場所である゛幸せの家゛で、さっそくステキなボランティア活動をして頂き、とてもステキな時間を過ごしました。
 そして、徳島県労働者福祉協議会のみなさまと、より深いネットワークを取って頂きたいとお願いいたしました。
 皆さまもご存知のように、徳島県労働者福祉協議会の活動は、久積会長を初め全国的にとても有名です。
 これからの新しい社会では、特に、地域ネットワークや個のネットワークが急がれます。
これは、「一人、一人の尊厳」を維持し拡大するためです。
 
 人は、すべての人々が「人権=尊厳」を護られる権利があると思います。

     〜新しい社会で生きよう!みんなと助け合いを進めよう!
              そして、自分の人生もお洒落に、デザインしましょう。!〜

           2010・2.23・・・・・魔法の言葉〜ありがとう〜を添えて・・・・


 ★癌で死ぬこと。@・・・『二人称(あなた)の死』について。
★作家・柳田邦男氏は、二人称(あなた)の死について、連れ合い、親子、兄弟姉妹、恋人の死であると。
人生と生活を分かち合った肉親あるいは、恋人が死にゆくとき、どのように対応するかという、辛くきびしい試練に直面することになる。」二人称の死を体験した人は大きな悲しみの中に陥るとあります。
あなたは、この『二人称(あなた)の死』について、どう考えますか?

★私達医療者にとっても「死」は、喪失の悲しみですが、一人の人の生き様を身を持って学ぶことになります。ただ、家族の二人称の死は、その病名を告知され「命に寄り添う間も心の中は、二人称の死があること」を私自身今体験しています。「何時も人に優しくしたい。」気持ちから「優しくもされたい。」と・・・。願ったり致します。
そんな時、家族同士もお互いに、支え合えるネットがほしいものですね。

      〜新しい社会で生きよう!みんなと助け合いを進めよう!
              そして、自分の人生もお洒落に、デザインしましょう。!〜

           2010・2.21・・・・・魔法の言葉〜ありがとう〜を添えて・・・・

 ★ひなまつり。
五節句のひとつである3月3日は、女の子のお節句です。
日本には昔から季節の変わり目に体を清め、厄を祓う習慣がありました。
地域の居場所゛幸せの家・ありがとう゛も、おひな様をお飾りしました。
おひなさまを囲んで、お茶のお接待があります。
ご一緒しませんか?

  〜新しい自分の人生をデザインし安心して暮らしましょう。
            そして、゛幸せづくりに゛実践として行動しましょう。〜 

       2010・2.17・・・・・魔法の言葉〜ありがとう〜を添えて!・・・・     

 2010年4県知事会談を観ました。嘉門知事!にカンパイです!
★徳島の「治安」を守り地方の知恵を向上させよう!と。そして、「最大の危機」は、「最大のチャンス」と、私達市民に「夢と希望」を呼びかけています。そして、他県の(香川県・愛媛県)知事の発言を聴きとても驚きました。何度目かの対談で、全く発言が変わっていないのに驚いたのです。
新しい社会は、もはやグローバル化が進み、新しい時代は、大きく社会を変えています。

みんなで、勉強しましょう。そして、助け合いましょう。
新しい発想で、新しい社会を受け入れ、゛幸せずくり゛をしましょう! 

   〜新しい自分の人生をデザインし安心して暮らしましょう。
       そして、みんなと勉強会をしながら、実践として行動しましょう。〜 

       2010・1.31・・・・・魔法の言葉〜ありがとう〜を添えて!・・・・               

 ★97歳まで、在宅で過ごされたFさん・息子さまの腕の中での旅立ちでした。
 私達とボランティア活動の後、終末期は、息子さまの献身的な介護とさわやか徳島での介護や医療サービスを受けられました。今年の元日頃からすこしづつ食欲が無くなり、永眠された朝は、アイスクリームを食べたいと。そして、そのまま、息子さまに抱かれた永眠でした。
それは、とても静かな永眠でした。「お母さんは、寂しがりやだけど、しばらく一人で旅をしていてね。」「私もすぐ後からいくからな!」と永眠した母親を抱きかかえ涙ながらに話しかけておられました。
 ここ数年、母親のベットの横で添い寝をした息子さま。2〜3日おいては、母親の様態を知らせて下さり、いろいろ在宅での介護について知恵をだしあってまいりました。そんな息子さまと私達の会話を楽しそうに傍でみていられたFさま。その輝くような笑顔が忘れられません。
 ゛いぶし銀のように美しい百歳゛( * 20代は美しく*30代は強く *40代は賢く *50代は豊かに *60代は健康に *70歳はしなやかに *80代はつややかに *90代は愛らしく *そして、いぶし銀のように美しい百歳へ)との言葉が、そのままあてはまる方でした。
 葬儀の息子さまのご様子は、とっても寂しそうで辛そうでしたが、ご挨拶の時「母は、どなたにも丁寧にご挨拶してお話しをする義理がたい人でした。」と。そして、儀式の後、「親孝行は、少しはできたのでしょうか?」とお尋ねがありました。
 それは、とっても親孝行でしたから、そんなお尋ねに、とても驚きました。ここ何年間か介護疲れでお痩せになられていましたが、その表情は、大きな活動をなしとげた豊かさに満ちあふれ輝いていました。  人を支えることで、人の心は、こんなにも豊かに優しくなれるのかと感動しました。元日に訪問させて頂いた夜のように、今夜もとってもうつくしい満月です。こうして目を閉じれば、Fさんの笑顔が胸いっぱいに広がります。きっとご家族や私達に寄り添って守って下さっているのだと。
ありがとう!
 
  〜新しい社会で生きよう!みんなと助け合いを進めよう!
          そして、自分の人生もお洒落に、デザインしましょう。!〜


       2010・1.30・・・・・魔法の言葉〜ありがとう〜を添えて・・・・

 ★22年1月27日藍住西幼稚園・幸せの家に来所
 うさぎ組さん35名゛ふれあい活動の時間通貨゛に来所されました。
かわいい子ども達の姿や声を聴くだけで゛幸せの家゛が、とっても゛元気゛になるから思議です。
 そして、子ども達は、すぐボランティア活動ができ、持って生まれた「優しさの遺伝子」や「助け合い」の遺伝子を素直に発揮できるから不思議です。幸せの家は、この子ども達が、卒園すると、また、ふれあい活動に気軽に来所され、大きくなった子ども達は、犬の散歩やダンスなどで、ボランティア活動を楽しみます。
 これも地域の皆さまや園長先生を初め先生方のお陰です。
 みなさま本当にありがとう!
(写真は、幸せの家の玄関に並んだ、子ども達の靴です。かわいい!・クイックして拡大を!)

   〜未来を創る子ども達に学ぼう!そして、子ども達の力をのばそう!
                     新しい豊かな社会を創るために!〜

    2010・1.27・・・・・魔法の言葉〜ありがとう〜を添えて・・・・

 1/16(土)さわやか徳島は「市民後見人の会in徳島」の研修会を開催・65名の参加です。
★徳島公証役場・公証人・若井先生のご講義は、「自分の人生をデザインしましょう!」と具体的に相談できる公証役場やその他の社会資源、法律、そして、日本の人口動態など超高齢化社会についてなどなど、たくさんご講義を受けました。私達が十分理解していなかった公証役場のことも教えて頂き「困った時は、何でも相談できる。」ことを知りました。公証役場も全国に300か所もあり、徳島県も2カ所あることも教えて頂きました。公正証書とは、法律上明確にした書面を作成して頂くことです。
また、尊厳死宣言(延命を望まない。)も利用されているそうです。そして、ビデオも任意後見人について(しっかりしている時に、自分が認知症などで、自分の事を自己決定が出来なくなった時)女優の早見優さんが出演されていて、とっても分かりやすく構成されたものを見せて頂きました。とてもステキな時間を頂き感動の中2時間の勉強会を終えました。若井先生ありがとう!

    〜新しい自分の人生をデザインし安心して暮らしましょう。
   そして、みんなと勉強会をしながら、実践として行動しましょう。〜 

       2010・1.16・・・・・魔法の言葉〜ありがとう〜を添えて・・・・

 ★1/16(土)さわやか徳島は「市民後見人の会in徳島」の研修会を開催・ご参加を!
・自由参加参です。あなたも、ぜひ、ご参加を。
・徳島県プラザの助成事業で無料です。
★「市民後見人の会in徳島」
・開催日・・2002年1月16日・10時〜11時30分
・場所 ・・幸せの家・ありがとう(地図・ホームページをみて下さい。)
・駐車場が少ないため乗り合わせていただけたら幸いです。
★主催・NPO法人・さわやか徳島 
★「市民後見人の会in徳島」の研修会は、引き続き開催します。
・今後、時間通貨や市民後見人・遺言・お葬式など人の暮らしで大切なこと(自己決定・自己責任)を勉強します。新しい社会を新しい形で、自分の人生もデザインしましょう!

〜新しい時代を生きよう! そして、市民の自ら行動を!〜

          2010・1.9・・・・・魔法の言葉〜ありがとう〜を添えて・・・・

 X07Tさわやか福祉財団の゛さぁ言おう゛の冊子ご紹介致します。
1月号の堀田理事長の挑戦の記事から抜粋
「自分の人生の主人公として主体的に生きる時に体験する喜びは、受け身の人生を送る人にも訪れる喜びとは質が違う。その燃えるような喜びを知らず、自分を納得させている人は、本当の人生を経験していない人だといえよう。」
いつも、感動しながら拝読し、心をリフレッシュしています。
小さな冊子ですが、堀田理事長の記事ももちろんのこと、新しい福祉など全国的なボランティア活動の動きなど、何時も新鮮です。お申し込みは、このホームページのリンクさわやか福祉財団の会員ご入会からです。ぜひ、おすすめです。
  
  〜新しい社会で生きよう!みんなと助け合いを進めよう!
          そして、自分の人生もお洒落に、デザインしましょう。!〜

          2010・1・13・・・・・魔法の言葉〜ありがとう〜を添えて・・・・

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 次へ