高齢者入居施設 さわやか徳島

  以前の活動日誌
   2016年
   2015年
   2014年
   2013年
   2012年
   2008~2010年

  以前のお知らせ
   2008~2012年

活動日誌とお知らせ 

★藍住町の小原氏のご指導で、九州の消費者センターネット会議に参加!!・愛媛大学・教育学部の武下先生と小原様のご指導のもとで  











アプリのズーム(ZOOM)を使ったオンライン研修・小原さまの企画・素敵です!!
課題は、エシカルファション・衣類などのこと
インドネシアなどで、日本の衣類をどんどんつくり、豊かな日本は、それをどんどん消費しているなどの課題提供があった。18時~20時まで開催・楽しい時間をありがとう!!参加者・約10名
昔、戦後の日本がそうであった様に・・・。私は、昭和の18年生まれですが、当時子供の頃は、徳島市で内職を斡旋している小さな事業所が沢山あって、他国の服をみんなで内職し、家計を助けていた時代があった。
 実家のミシンや電話は、近所の方達が、常に借りに来ていて、子供たちも大勢で、元気に、走り回り遊んでいた。
 当時、父の乗っていた車は、始終エンストをおこし、方向指示器は、ペロみたいに、飛び出すものだった。車には、暖房も無く、冬は、車の中に湯たんぽを入れた毛布があり、それで、遊びに連れて行ってもらったことを覚えている。
国民が、助け合って生きていた時代・・・懐かしいよき時代だったかも知れない。インドネシァの生活に驚いている若者に驚き、心を熱くした。電機や水道の節約や多くの豊かさに対する感謝の気持ちは、体験の中に生み出されると、改めて気づかされる機会だった。また、昔は、日本もインドネシアの様な生活だったと発言した自分と、会議の若い皆様との距離感にも驚いたが、幸せな時代に育った若者は、今の地球を守りたいと立ち上がっていた。
会議は、コロナ渦でも気軽に参加できる楽しいもので、話している間に、飼い猫も映りお互いにご紹介など、とても、ホットな会議になり、優しさのネットワークが体感できた。
素晴らしい企画に、カンパイ!!です。
いろんな会議も、インターネット会議にすれば、こんな素敵!!
2021・2・28 魔法の言葉~ありがとう~を添えて!!
★鳴門病院・看護専門学校実習・藍住西幼稚園の皆様のプレゼント・・素敵です。!




















れあい活動に、実習生も参加されました。
藍住西幼稚園の皆様のプレゼントありがとう!!
とても、とても素敵です!! 素敵な壁飾りと一緒に、皆様の優しさを一杯頂き、この新しい年も元気で暮らして参ります。
心のこもったプレゼントに、幸せの家・ありがとうの地域の居場所の皆様は、幸せいっぱいです。早く、コロナ問題が緩和され、皆様とお会いしたいと待っています。
園長先生はじめ、先生がたに、心よりお礼を申し上げます。
いつもありがとうございます。

2021・2・25 魔法の言葉~ありがとう~を添えて!!494
★日々、小さな幸せの中で 💛 お元気に暮らされています。



















~自分の人生は、自分でデザインしょう!
    いつも夢をもとう!心豊かにくらそう!

 ★介護・看護施設選びの一つ食事について ・幸せの家・ありがとうの地域の居場所御ご紹介高齢者の日常生活・・食事
さわやか徳島・副理事長    松田 美奈子
人の基本的生活ニーズとして、食事・排泄・清潔・睡眠・安心などあるが、まずは、ケアプランで、これらの基本的ニーズを満たすことが重要で、これは、人の尊厳維持につながります。これらが、少しでも満たされなくなると、幸せな日々を過ごせなくなり、そして、そのことで、人としての尊厳すら失うことになると考えられます。
★・食事は、新鮮な食材と、バランスの取れた、そして、食欲中枢や美的感覚を刺激し美味しいこと。
食器の工夫・センスが良く食べやすく、また、美しい盛り付けなどできる食器。また、温かいものは、温かいうちに、冷たいものは、冷たいうちに介助支援し、また、楽しい会話も花を添えます。
20分以上介助に時間をかけると満腹中継が働き、食欲が減退します。
食材は、管理栄養士の指導で、新鮮なものを旬の食材を揃えています。
調理室は、オープンにして、調理が見える・香りが届く、音が聞こえる設計にしています。・・・とても、良かったと思っています。
嚥下困難の方は、嚥下訓練をしています。・・・対象の方がおいしいと思われる献立が重要・もちろん手づくりの流動食やとろみ食も・・・食欲がでるもの・・・食べたいと思わせる献立や調理の工夫など重要です。
暖かいものは、暖かい内に、冷たいものは、冷たい内に介助させて頂くこと。
嚥下機能に注意し、量・温度・硬さ・大きさなどを判断できること。
特に大切なことは、清潔な食器類やスプーン・ホーク類など、対象者の方達のそれぞれが使いやすい物や介護しやすい食事用具などが、揃っていること。
手拭き、エプロン、手指やテーブルなどの消毒などの物品や薬品類
★食後の口腔の清潔などと、食事量の個人管理簿・体重測定など。
これらが、すべて、楽しい雰囲気の中で、準備・実施されているか。
食事は、介護や看護の対象の方達のとても楽しみの時間です。また、健康度にも関わるとても大切なことです。
介護者のわたくし達もとっても素敵な時間になります。
私たちは、対象者の方達と、同じ、献立の食事を食べています。
調理の方達も、料理の大好きな方達が、希望された曜日に、それぞれ、活動されています。
写真・・・松田美奈子管理栄養士・主任ケアマネージャー・看護師・文理大・管理栄養士・看護大学院卒業・鳴門病院付属看護専門学校など、地域看護学講師など活動・
★2021・2・17 魔法の言葉~ありがとう~を添えて!!
379
★鳴門病院・看護専門学校実習・未来を担う若者たち・・・素敵です。!
















2021・2・12  
魔法の言葉~ありがとう~を添えて!!
★鳴門病院・看護専門学校実習・未来を担う若者たち・・・素敵です。!

2021・2・12
魔法の言葉
~ありがとう~
を添えて!!
★鳴門病院・看護専門学校実習・未来を担う若者たち・・・素敵です。!






















★2021・2・12  魔法の言葉~ありがとう~を添えて!!