高齢者入居施設 さわやか徳島

  以前の活動日誌
   2016年
   2015年
   2014年
   2013年
   2012年
   2008~2010年

  以前のお知らせ
   2008~2012年

活動日誌とお知らせ 

★文藝春秋6月号・ひまわりの種を ・・・ 渡辺 勘郎 氏 
 ひまわりの種を     
 
 ポケットに入れていきなさい!
冬のウクライナの町へやてきた
 ロシア兵に向って
 ひまわりの種を差し出しだして女はいう
 あんたがたみんなここど死ぬんだから
 種から芽が出て花が咲く だから

 ポケットにひまわりの種を入れていきなさい!
因惑するロシア兵に たたみかけるように女はいう
夏のウクライナに咲く一面のひまわり畑には
無数の 無念の ヒトの命が眠っている 
・・・・文藝春秋5月号
 

魔法の言葉~ありがとう!~添えて!!   6月11日  854    
  
★文藝春秋6月号・脱炭素社会実現へ・・・想像を超える・・新しいエネルギーのかたち・・東京ガスグループの取り組み・
石油や石炭が主なエネルギーだった1960年代、
エネルギー需要の拡大や大気汚染などの社会課題がありました。
 その時、私たち東京電力は、優れた環境性と経済性を備えた「天然ガス」を導入し、
東京に青い空を取り戻した。
 そして今、脱酸素社会実現に向けた、新たな取り組みをスタートさせています。
「創造を超える」新しいエネルギーのかたちを実現することで、持続可能な地球環境に貢献します。
 私たちの「CO2ネット・ゼロ」への取り組みにご期待ください。と掲載
 ★人って素晴らしい!!。。。。と感動したが。。。
・しかし、しかし・・しかし・・・。

 2022年6月8日  魔法の言葉~ありがとう!~添えて!!  
・写真は、文理大学生実習・優しい大学生
☆ウクライナ軍事侵攻・ミハイロ・フェドロフ大臣・28歳にして副首相兼デジタル変革担当大臣・・文藝春秋掲載
世界経済の革命児
1991年1月・ウクライナで生まれ、28歳でウクライナの大統領・ゼレンスキーの元で、副首相兼デジタル変革担当大臣に任命・公共サービス・アプリを開発・リーダーが優れていれば、弱くても勝てる。

イーロン・マスク・衛星ネットサービスを依頼・ロシア軍は、イクライナ国内の情報網を遮断しようとしたが、衛星ネットサービスに助けを求めた。
リーダーが優れていれば、弱くても勝てると、31歳の大臣は、祖国防衛の知恵を絞っている。
 
2022年6月7日  魔法の言葉~ありがとう!~添えて!! 
8755
☆永久の旅路・・・美しいしなやかな人生を終えて!!
この二日、日中も、うとうとすることが多くなった。
また、深夜に「お話があるの」と・・・。旅路の2日前のこと・・・・。
「私は、このまま、年をとって死ぬの?」と。
 大阪で人生の大半を過ごし、独身で気丈に生きてきた彼女。
 深夜での質問だった。が、特に返事は、必要としなかった。
 暫く、付き添ったが、しばらくすると、気持ちが落ち着いたのか眠りについた。
 彼女は、看護師として、人生の大半を大阪の病院で働き、退職後、徳島の故郷に帰り、友人と山に登ったり、自由に生活を楽しんでいた。
 そして、突然の腹痛で、受診した医師に、まさかの末期がんの告知を受けた。
 2ケ月ほどの命と、突然の診断に、幻肢痛に悩まされ続け、精神的にも参り、痛みの緩和と最期まで、普通に暮らしたいと「幸せの家・ありがとう」ご入居された。
 入居当初は、薬で痛みは軽減したものの、体調不良や幻視痛に悩まされ、心の不健康と混乱状態だった。
 その状態が半年ぐらい続いたが、それでも、少しづ元気になり、体調も回復、痛みも嘘の様に喪失した。少女の様な笑顔も見せるようになり、ここの生活が気に入ったと「人生の終末は、この家で、ずっと暮らすことにした。」と、自己決定された。
 小さな居場所・ありがとうの家は、家庭を持たない彼女の寂しさを軽減させたのか・・・。そして、いつの間にか3年・・・
 痛みは軽減していたが、少しづつ虚弱となり、この日の夕食後、突然。視線が遠い様に感じた、その直後、大好きだった介護福祉士に抱かれたまま、静かな永眠だった。穏やかな静かな眠りは尊厳死そのものだった。
 松田看護師が、旅路の支度を。
 美しい、その凛とした姿に、「ありがとう」と・・・。
 思うと、死の告知を受けて3年余り、痛みもすっかり忘れたころに、静かに訪れた永眠
 それも、長寿だった、優しい母親の旅路と同じくして、85歳の人生を静かに閉じた。
 永眠された彼女の姿は、凛として、美しく、尊厳死そのものだった。
 
  ~ありがとう!!~
 2022・6・5 8738
☆ウクライナ軍事侵攻「二度とあってはならないこと」・・・向野 幾世 氏・・・奈良大学元講師・アワーストーリー 

2022年2月24日・・・ロシアがウクライナに軍事侵攻した日 ロシア大統領は「自国民保護を目的に特別軍事作戦をする。」無差別攻撃は日をまたず、街も、学校も病院も文化遺産も破壊しつくしていった。
戦争に負けるということは、独立や自由を失うことである。この度のウクライナを通じ、守るべきことがわかる。人命はもちろん人間の尊厳、言論の自由等、民主主義の尊さである。そして対極にある独裁。弾圧、陥穽や侵略、暴行。拉致。拘束、強制移住など、どの一つも許してはならないと。ある。
                                                                                         
2022年6月6日 魔法の言葉~ありがとう!~添えて!! 
★徳島県鳴門病院付属看護専門学学生の実習記録・・・素晴らしい教育を受けて!!








優しい熱心な学生の看護ケアに、人生の先輩達は、優しい!!  その優しさは、学生が寄り添い目と目で見つめ合うだけで、優しさは、心に届くから素晴らしい!!  若者の健康な微笑みは、人生の先輩たちの心を潤す。

どんな時も夢をもとう!  高い理念のもとに活動しよう!  みんなで幸せになろう!~ 
      ☆魔法の言葉~ありがとう!~添えて!!
★長野県 インストラクター 福沢 千恵子 様・・・お便りを頂きました。ありがとう!!
福沢様、お便りありがとうございました。
 長野県で、家事・育児・居場所・配食サービスや介護保険・宅老所など運営、また、町の協議体での活動などなど、地域で素晴らしい活動!!素敵です。
 また、その活動の一つ、産直市場では、郷土の弁当五平餅など産直市場で販売活動などなど、町づくり活動を幅広くされていて、尊敬致します。
いろいろお教え頂いたら良かったと、残念です。また、よろしくお願い申し上げます。
また、お会いできることを楽しみに!! CDにて、お写真をご送付いたします。
皆さまにもよろしくお伝えくださいます様
さわやか福祉財団様やインストラクターの皆様のますますのご活動を!! 
 
魔法の言葉
~ありがとう~添えて!! 
8611
 (公) さわやか福祉財団インストラクタ-研修の実際 ④
 (公) さわやか福祉財団インストラクタ-研修
・初夏の阿波路へ・2022年5月16日
・研修目的・地域のふれあい活動についての相互研修・{時間通貨・ありがとう}
・場所地・・・徳島島県板野郡藍住町富吉字地神60―3
NPO法人・さわやか徳島・地域の居場所「ありがとう」
・参加者  (公)さわやか福祉財団インストラクター 4名と麻野信子・松田美奈子
・~さわやか福祉財団インストラクター研修“初夏の阿波路へ"~
研修地・地域の居場所・幸せの家・ありがとう゛時間通貨・ありがとう”&地域の居場所
各団体などの活動紹介など~
・連絡・・NPO法人さわやか徳島・・088-692-3457・ 
        ・理事長 麻野 武志 
        ・担当 麻野 信子・松田 美奈子 
・日時     ・2022年5月16日(月)
・研修場所  ・〒771―1220 ・徳島県板野郡藍住町富吉字地神
      NPO法人 さわやか徳島・~幸せの家・ありがとう~

プログラムと実践ご報告     
① 徳島松茂・12時11分着・参加4名・迎え
・福沢様・松下様・榎本さま・河合さま
① 昼食・お弁当準備しました。(麻野自宅で昼食をとのご希望で)その後、NPO法人・さわやか徳島・幸せの家・ありがとうにご案内いたしました。
③ 14時~17時30分・「幸せの家・ありがとう」にて、相互研修
④ 徳島駅お送り後、徳島駅で懇親会・夕食・21時・終了・
2日目・・・・眉山会館へ迎え・昼食・徳島ラーメンへご招待・
  ・鳴門大塚美術館へのご希望とのことで、鳴門へお送りいたしました。
  榎本様は、昼食後、街並みを散策されると、どこかにふらりと出られ行先が分からず
  ご一緒の皆様から「街並みの散策がお好きとのことで」ご挨拶もできず、少し心残り
  になりましたが、お元気で、益々のご活躍を!!

 
   魔法の言葉~ありがとう~添えて!!