高齢者入居施設 さわやか徳島

  以前の活動日誌
   2016年
   2015年
   2014年
   2013年
   2012年
   2008~2010年

  以前のお知らせ
   2008~2012年

活動日誌とお知らせ 

★鳴門病院・看護専門学校実習・藍住西幼稚園の皆様のプレゼント・・素敵です。!
れあい活動に、実習生も参加されました。
藍住西幼稚園の皆様のプレゼントありがとう!!
とても、とても素敵です!! 素敵な壁飾りと一緒に、皆様の優しさを一杯頂き、この新しい年も元気で暮らして参ります。
心のこもったプレゼントに、幸せの家・ありがとうの地域の居場所の皆様は、幸せいっぱいです。早く、コロナ問題が緩和され、皆様とお会いしたいと待っています。
園長先生はじめ、先生がたに、心よりお礼を申し上げます。
いつもありがとうございます。

2021・2・25 魔法の言葉~ありがとう~を添えて!!
★日々、小さな幸せの中で 💛 お元気に暮らされています。



















~自分の人生は、自分でデザインしょう!
    いつも夢をもとう!心豊かにくらそう!

 ★介護・看護施設選びの一つ食事について ・幸せの家・ありがとうの地域の居場所御ご紹介高齢者の日常生活・・食事
さわやか徳島・副理事長    松田 美奈子
人の基本的生活ニーズとして、食事・排泄・清潔・睡眠・安心などあるが、まずは、ケアプランで、これらの基本的ニーズを満たすことが重要で、これは、人の尊厳維持につながります。これらが、少しでも満たされなくなると、幸せな日々を過ごせなくなり、そして、そのことで、人としての尊厳すら失うことになると考えられます。
★・食事は、新鮮な食材と、バランスの取れた、そして、食欲中枢や美的感覚を刺激し美味しいこと。
食器の工夫・センスが良く食べやすく、また、美しい盛り付けなどできる食器。また、温かいものは、温かいうちに、冷たいものは、冷たいうちに介助支援し、また、楽しい会話も花を添えます。
20分以上介助に時間をかけると満腹中継が働き、食欲が減退します。
食材は、管理栄養士の指導で、新鮮なものを旬の食材を揃えています。
調理室は、オープンにして、調理が見える・香りが届く、音が聞こえる設計にしています。・・・とても、良かったと思っています。
嚥下困難の方は、嚥下訓練をしています。・・・対象の方がおいしいと思われる献立が重要・もちろん手づくりの流動食やとろみ食も・・・食欲がでるもの・・・食べたいと思わせる献立や調理の工夫など重要です。
暖かいものは、暖かい内に、冷たいものは、冷たい内に介助させて頂くこと。
嚥下機能に注意し、量・温度・硬さ・大きさなどを判断できること。
特に大切なことは、清潔な食器類やスプーン・ホーク類など、対象者の方達のそれぞれが使いやすい物や介護しやすい食事用具などが、揃っていること。
手拭き、エプロン、手指やテーブルなどの消毒などの物品や薬品類
★食後の口腔の清潔などと、食事量の個人管理簿・体重測定など。
これらが、すべて、楽しい雰囲気の中で、準備・実施されているか。
食事は、介護や看護の対象の方達のとても楽しみの時間です。また、健康度にも関わるとても大切なことです。
介護者のわたくし達もとっても素敵な時間になります。
私たちは、対象者の方達と、同じ、献立の食事を食べています。
調理の方達も、料理の大好きな方達が、希望された曜日に、それぞれ、活動されています。
写真・・・松田美奈子管理栄養士・主任ケアマネージャー・看護師・文理大・管理栄養士・看護大学院卒業・鳴門病院付属看護専門学校など、地域看護学講師など活動・
★2021・2・17 魔法の言葉~ありがとう~を添えて!!
379
★鳴門病院・看護専門学校実習・未来を担う若者たち・・・素敵です。!
















2021・2・12  
魔法の言葉~ありがとう~を添えて!!
★鳴門病院・看護専門学校実習・未来を担う若者たち・・・素敵です。!

2021・2・12
魔法の言葉
~ありがとう~
を添えて!!
★鳴門病院・看護専門学校実習・未来を担う若者たち・・・素敵です。!






















★2021・2・12  魔法の言葉~ありがとう~を添えて!!
★お誕生日(⋈◍>◡<◍)。✧♡ おめでとうございます。 1月 
 ♡♡♡ 
 お誕生日おめでとう!ございます。
  いつも優しいあなたに感謝です。
 この幸せが、 いつまでも続きますように!

2021・2・7  魔法の言葉~ありがとう~を添えて!
★老いと緩和ケア・・・・スピりチュアルケア
・スピりチュアルケア・
 この言葉は、人間の力を超えて力を持つ超越性と癒し、また、危機に直面した時の防御規制とも言えるのだろうか。
 人は、生命の危機に遭遇した時、スピチュァルな世界に入る方達も多い。亡くなる3日程前から、お経を唱えたり、神が傍で寄り添ってくれています。など、終末末期に現れる現象は、深い自意識が残るのだろうか。
 ある本に、それらの現象を受容して行くことが重要とあるが、苦痛の無い安らかな世界を看護する者も共に体験する。とある。
文化的スピチュァリティには、小説・絵画・音楽・などなど、自然は、山や川光や景色など宗教的スピチュァリティや自然的スピチュァリティなど 
 また、自然的・文化的・民族的・宗教的スピチュァリティなど分類されている。
 こうして、スピりチュアルケアは、看護を対象とする対象者の魂の流れに合わせながら感情的・情緒的に安定することで、看護の対象者は安心する。そこに・スピりチュアルケアが目指すある。 ~老いの時代・緩和ケアへの実践より~
2021・2・7  魔法の言葉~ありがとう~を添えて!!