高齢者入居施設 さわやか徳島

  以前の活動日誌
   2016年
   2015年
   2014年
   2013年
   2012年
   2008~2010年

  以前のお知らせ
   2008~2012年

活動日誌とお知らせ 

★自然災害・豪雨で、住宅被害4、700棟超・・・九州7県と岐阜県・長野県
被害件数の実数は、今後、もっと増えるとのことが、報道され60名近い方達の死亡が確認された。
 増税と新型コロナウィルスで、経済活動にも追い打ちなど、超高齢社会の日本は、厳しい社会を迎えている。
 こうした、社会を生きる私達は、寄付文化を進め、助け合いを広めることが重要となる。
東北地方太平洋沖地震の時は、宮城県に、ボランティアとして活動をさせて頂いた。が、街は、ゴーストタウンとなり、真っ黒に積み上げられた鉄の山々は、車の残骸だった。海岸近くの山間の傾斜には「ここから下に、家を建てるな」と書いた石碑が立ち、赤い小さい鳥居が数か所に建っていた。過去の津波からの教えだろう。
 ボランティア活動に参加できたのは、(公)さわやか福祉財団ボランティア活動支援からの声掛けがあったからで、ボランティアとして、宮城県で活動させて頂いた。財団の堀田 力氏が、陣頭指揮を!!、
被災に会われた方達や助け合う地元の方達も一緒になり仲間となった!! 悲しみの深い深い現場だったが「助け合いの遺伝子」は、助ける側も助けたいと思った側も、お互いに引き出され、優しさは、お互いの心を結んだ。
今は、現地に行くことはできないが、いろんな形で、参加させて頂くことはができる。
皆で、できることを形にして届けよう!!
2020年7月9日         魔法の言葉 ~ありがとう~を添えて!
★リビング ウイル・・冊子をご送付頂きました。ご希望の方は、幸せの家の受付にあります。






NOー177・・・4月号 N0-178・
living will・N0、178 
益財団法人として、新たなスタートです。終末期に至るまでの医療に関する自己決定権を、憲法に保障された「幸福追求権」ととらえている。・・・令和2年4月1日 ・・living will・N0、178 
おめでとうございます。
ノンフィクション作家
 柳田 邦男 氏 ・
~人生の最終章は、自分で書く~
魔法の言葉 ~ありがとう~を添えて!
★百貨店て゜の買い物・・・
百貨店の紙の袋を、品物を入れる時、「40円です」と販売していた。袋をいらないと拒否した人は、店員さんが、品物を包装もせず、そのまま渡していて、タオルを何枚か手に持ちタオル売り場を歩く人をみて、品物は、購入した物かどうかも分からない状態となっていた。
 品位を保っていた売り場もマスクの為か、スタッフの笑顔さえなく厳しい雰囲気を感じさせた。
 また、食品売り場は、高齢の方達が大勢いて、さすがに、食品を入れる袋代金は、無料だった。しかし、マスクの為か定員の方達の笑顔も消え、コロナショックは、人々の生活様式や心の中まで、忍び寄り侵すのだろうか。・・・目は、心の窓と
この超高齢社会を人々が幸せに暮らせる為に、私達は、今、何をすべきか問われているのかも知れない。
「助けて」と言えること・・・言葉で言えなくても、発信をキャッチする助ける側の心の豊かさが必要かも知れない。
 助ける側の高い姿勢は、心の扉は開いてくれないかも知れない。
魔法の言葉 ~ありがとう~を添えて!
 ★徳島県鳴門病院付属看護専門学校・実習・・・ありがとう!! 素敵な皆さんありがとう!!















2020・6・30 
★皆様素敵です。お誕生日・おめでとう!!
 魔法の言葉 ~ありがとう~を添えて!
71845
★徳島県鳴門病院付属看護専門学校・実習・・・ありがとう!! 素敵な皆さんありがとう!!














2020、6、30★皆様素敵です。
 魔法の言葉 ~ありがとう~を添えて!
★徳島県鳴門病院付属看護専門学校・実習・・・ありがとう!! 素敵な皆さんありがとう!!
2020、6、30
★皆様素敵です。  
 魔法の言葉
~ありがとう~
を添えて!
★徳島県鳴門病院付属看護専門学校・実習・・・ありがとう!! 素敵な皆さんありがとう!!














2020、6、30
★魔法の言葉~ありがとう~を添えて!
★玄関で、藍染の熊の親子とお花と・・・マスクと手指消毒・・・で、安心して、心豊かな日々を
★魔法の言葉~ありがとう~を添えて!