年末〜年始期間中の休業について
年末〜年始の診察は以下の通りとさせていただきます。

12月28日(土) 午前のみ(〜13時まで)
12月29日(日) お休み
12月30日(月) 午前のみ(〜12時30分まで)

12月31日(火)〜1月3日(金) お休み

1月4日(土) 午前のみ(〜13時まで)
1月5日(日) お休み
1月6日(月) 通常通り


通所リハビリは年内は12月27日(金)が最終日、年始は1月6日(月)から再開となります。


 令和1年8月 お盆期間中休業について
お盆期間中のお休みは以下の通りとさせていただきます。

8月12日(月・海の日) 終日休診
8月13日(火) 午後休診
8月14日(水) 午後休診
8月15日(木) 終日休診

13日、14日の診察は12時30分までとなりますのでご注意ください。

※通所リハビリテーションのお休みも上記日時に準じます。

 平成30年度 年末年始休のお知らせ
年末年始のお休みは次の通りとさせていただきます。

12月30日(日)〜1月3日(木)

年末は12月29日(土)12時30分まで診療いたします。
年始は1月4日(金)より通常診療を始めさせていただきます。

よろしくお願いいたします。

よい新年をお迎えください。

 外反母趾手術
外反母趾の手術には多くの方法があります。変形が比較的軽い場合には、母趾、中足骨の先の方で骨を切り、ワイヤーで固定するDLMO法を行っています。それぞれ手術法には一長一短あり、この方法は皮膚の切開が比較的少なく、侵襲が小さいと考えられます。手術の問題点としては変形の再発がある、母趾の動きが悪くなるなどの可能性があります。
 外反母趾
外反母趾など足の変形などの治療を行っています。状態によって治療の方法にはいくつかありますのでご相談ください。手術などを行わなくても痛みは取れる場合が多いのですが、強い変形の場合、手術が必要となることもあります。現在は手術が必要な場合は徳島県立中央病院で副院長が行っています。比較的簡単な処置であれば、当院でも行っています。