会員ステーションの皆様へ
今年も残すところ、あとわずかとなりました。
会員ステーションの皆様に、「令和元年度災害研修会」の開催案内をさせていただいております。

平成30年7月に発生した広島県豪雨災害を経験された講師の先生をお迎えし、災害時のステーションの対応や今後の備えについてお話いただきます。
徳島県でも、いつ自然災害がおこるか分からない状況です。
みなさんと一緒に考えていきませんか?

日 時:令和2年2月15日(土) 14:00~16:00

場 所:JA徳島厚生連吉野川医療センター 3階会議室

対 象:徳島県訪問看護ステーション連絡協議会 会員施設の看護師等

内 容:2018年(平成30年)7月の広島県豪雨災害時の状況について
    その時のステーションの対応、今後の災害への備えについて

講 師:一般社団法人安芸地区医師会
    総合介護センター
    統括所長 板谷 裕美 様


※開催案内・参加申込書をPDFにて添付しております。
 会員の皆様のご参加をお待ちしております。
 
訪問看護ステーションご紹介:訪問看護ステーション徳島
訪問看護ステーション徳島では、訪問看護以外に居宅看護支援事業所徳島と複合型サービス事業所あいの3事業を行っており、看護師13名その他総勢28名でサービスを提供しています。
訪問看護では医療保険と介護保険の利用者様がほぼ同数となっています。
医療依存度の高い(人工呼吸器・在宅酸素・CVポート・輸液ポンプ・褥瘡・がんのターミナル等)の方、0歳児から高齢者、難病や精神疾患の訪問も行っています。
24時間365日、利用者が安心して在宅生活を過ごせるようスタッフ間はもとより関係機関と連携を取り看護を提供しています。
居宅看護支援では経験豊かな主任ケアマネが担当し、医療処置の必要な方から介護者の相談まで丁寧な支援が行えるよう努力しています。
複合型サービスあいでは、要介護1~5に認定されている方に、通いのサービスを中心に泊り、訪問介護、訪問看護のサービスを提供しています。
全ての人々が、住み慣れた地域や家庭で、その人らしい生活が送れるように質の高い看護サービスが提供できるよう努力していきたいと思っています。
令和元年度第1回管理者連絡会を開催しました!!
今年度から、訪問ステーション間の連携を深めるために、従来の3ブロックから6ブロックとし活動を開始します。
6ブロックのリーダーに集まっていただき、ブロック活動について協議しました。
今年度の活動目標の「連携強化」と「在宅ケアの質の向上」を共有し、活動費としてブロックの会員数に応じた従事者交流会費が支給されました。よりタイムリーな活動に繋がれば良いと考えています。

また今年度は、協議会活動の魅力を発信しながら、新規会員を積極的に勧誘し、仲間を増やしていきたいと思います。

R1.7.4
文責:事務局担当 郡